TEL

よくばり産後骨盤矯正

 

 


 

 

骨盤のゆがみ開きを矯正して、
しかも首、背骨のズレを整えるよくばりな施術です。

DRTとは

背骨を動かし、首を調整することで、体のズレを正常化へ導くことが出来るカイロプラクティックです。詳しくはDRTページをご覧ください。

DRTを骨盤矯正の前にすることで、全身をリラックス。
DRTをする最大の効果が、骨盤を動かしやすくしてくれることです。
骨盤が動きやすくなることで、数回の骨盤矯正で終わることができます。

DRTの効果

つらい肩こり、腰痛、頭痛、背中の痛み、寝違い、ぎっくり腰、倦怠感、疲労、顎関節症、ヘルニア、むくみ等の軽減

産後の骨盤矯正が必要な理由

産前産後の時期にホルモン(リラキシン)によっと骨盤に開きと歪みが起こります。
産後骨盤が開いて歪んだままだと体重が増加し、どんどん体型が崩れて元に戻らなくなります。
そして腰痛や肩こり、生理痛等がひどくなったり、加えてO脚がよりひどくなったりします。

当院では産前産後で歪んで開いた骨盤を、元の状態に戻すことを目指しています。

次のような悩みをお持ちの方におすすめします。

  • 産後なかなか体型が戻らない
  • 出産後、腰や肩の痛みがひどくなった
  • 骨盤の開きが気になる
  • 産後、恥骨・尾骨に痛みがある
  • 抱っこや授乳中に背中等が痛い
  • 産後、むくみ・冷えがでてきた
  • せき・くしゃみをした時尿漏れするようになった
  • O脚がひどくなった

などなど

骨盤矯正をはじめる時期について

産後1カ月後の検診時に母親の子宮が順調であると認められれば、産後約2ヶ月頃より当院で骨盤矯正をオススメします。

なぜ約2ヶ月頃から?

産後早く骨盤を締めたいと焦る方が多いですが、妊娠出産と体は大きなダメージを受けています。まずは、骨盤や身体をしっかりと休ませた方が良いと思い、約2ヶ月頃より骨盤矯正をしております。

例外

骨盤近辺(腰痛・股関節痛・恥骨痛・尾骨痛・)に痛みが伴う場合、痛みを取るために早めの骨盤矯正をオススメします。ご相談ください。
また早めに仕事復帰をしないといけないなど、時間があまりなく早く骨盤矯正を受けたい人などは、1ヶ月検診で子宮の状態が順調であると認められれば矯正をしております。

時期はいつ頃

産後2~6ヶ月の間に行うのが望ましいです。
産後から6ヶ月の間はリラキシンにより骨盤が不安定なため、安定する前のこの時期に、しっかりと骨盤を閉めていきます。

時期を過ぎてしまった場合

産後6ヶ月以上たった方でも大丈夫です。
2~6ヶ月の間に矯正する程は締まりませんが、月経前にリラキシンが分泌されますので、主にその時に矯正すると骨盤を締めることが可能です。

ここが違う

当院オリジナルの指標

毎回矯正前・矯正後に計測して変化を教えていきます。

当院の産後骨盤矯正

浦添・宜野湾・那覇のあおば鍼灸整骨院で産後骨盤矯正を始めるタイミング

出産をしてから腰痛や肩こり、股関節痛、膝痛がひどくなってしまったり、むくみや冷え性、生理痛などの症状も気になる…という方はたくさんいらっしゃいます。また、女性のお悩みとなってしまうのが、プロポーションの問題です。

 

妊娠・出産による身体の変化

妊娠や出産によって女性の身体には大きな変化が訪れます。出産をスムーズにするようにホルモンの働きで骨盤が開きやすくなり、出産時にはかなり大きく骨盤が開きます。そのときに周辺の筋肉や靭帯が傷ついたり、ゆるんだりすることも御座います。
産後もこのような骨盤の状態のままにしておくことで、つらい症状が出てきてしまうのです。ご自身で骨盤ケアをしても、症状が改善されないという場合には、浦添・宜野湾・那覇のあおば鍼灸整骨院の産後骨盤矯正をお試しください。

早めの治療開始が効果的です

産後骨盤矯正は、出産をしてから出来るだけ早いタイミングで始めていただくことをオススメいたします。自然分娩の場合には二か月後くらい、帝王切開の場合には三か月後くらいから産後骨盤矯正を始めていただきますと、素早い改善が期待出来ます。浦添・宜野湾・那覇のあおば鍼灸整骨院にて正しいケアをして毎日快適な生活を取り戻しましょう。

患者様の声

クリックでメッセージを拡大表示いたします。

当院へのアクセス情報

所在地〒901-2101 沖縄県浦添市西原6-1-5-105 Yシャルマン
駐車場4台あり
予約お電話でお願いします
電話番号098-874-8447
休診日土曜日、第一・第三日曜日、祝祭日

駐車場のご案内