TEL

ぎっくり腰 | 浦添 あおば鍼灸整骨院

ぎっくり腰

ぎっくり腰
根本改善
このようなお悩み
\ありませんか?/
その悩み、当院にお任せください!
医師や専門家が当院を推薦しています

根本改善でこんなにもに変化が!
驚きのビフォーアフターご覧ください!

ビフォーアフター
痛くて正座ができなかったのが、骨格矯正と筋肉へのアプローチで正座ができるように
*効果には個人差があります
ビフォーアフター
肩こりと猫背で臀部が下がっていたのが、猫背改善ですっきりと肩こりが楽にしかもヒップアップ
*効果には個人差があります
ビフォーアフター
O脚
*効果には個人差があります
ビフォーアフター
X脚
*効果には個人差があります
当院は技術の高さが評判です

多くのアスリートが受けているスポーツ活法でしっかりとした骨格矯正、筋肉矯正

関節の歪みを矯正。
筋肉も矯正してやわらかく、使える筋肉にする為に!

多くのアスリートが受けているスポーツ活法

当院でも技術セミナーを開催して指導をしております

基本からしっかりお伝えしております。

多くの治療家が受講しているDRT

多くのクチコミ、患者様の声を頂いております

多くのクチコミ、患者様の声

なぜ?当院の施術で
ぎっくり腰の早期改善ができるのか?

他で良くならない理由

他で良くならない理由

このページを読まれている方は、腰痛の辛さを経験している方か、今まさに腰に激痛があり早く改善をしたい方だと思います。

ぎっくり腰は確かに腰に痛みがでますが、本当の原因をつくったのは実は腰でないことがほとんどです・・・

日常の不良姿勢が体に疲労をつくり続けたことにより、腰部のバランスが崩れ、ぎっくり腰としてあなたに襲い掛かるのです。

日頃の疲労が蓄積していく根本的な原因を見つけ出し、そこに施術していかないと本当の改善につながりません。

他で良くならない理由

ぎっくり腰のイメージ
重いものを持ち上げようとして腰に力を入れてギクッと
中腰から腰を反って腰がギクッと等…

腰に力をいれた時、もしくは腰を動かして痛くなったので腰痛の原因は腰にあると思ってしまいますよね?

ではどこに・・・

原因(腰部に負担をかける姿勢・動作)

不良姿勢によるぎっくり腰

不良姿勢によるぎっくり腰

原因はその人の環境・その人の行動・姿勢によって様々です。
特に座る・立っている時は多くの筋肉がバランスをとって姿勢を維持しています。

日常的な不良姿勢(どちらかに重心を預け支える)を取り続けることで、骨格・骨盤等に歪みがおこり、左右のバランスが崩れ、筋肉が硬くなって動きが悪くなります。

動きが悪くなり正しい姿勢を保つことができなくなると、支え続けている筋肉に、より大きな負担が蓄積されます。

頸椎・肩甲骨周囲・胸椎・腰椎・骨盤とつながって、お互いバランスを取り合っています。
また足首・膝・股関節・骨盤もそれぞれお互いにバランスを取り合っています。

バランスが崩れると体の中心である腰部に負担が蓄積しやすく、結果ぎっくり腰を引き起こしてしまいます。

不良姿勢によるぎっくり腰

例)左肩足重心の場合

日常左足に重心をかけて立っていると、左足の筋肉が収縮して次第に硬くなっていきます。
重心が傾くとバランスが崩れ、腰部にも負担が蓄積し痛みとして症状が出ます。

腰部に痛みが出たので腰に治療をして、腰の痛みが良くなったとしても根本の姿勢改善や足の筋肉の硬さが改善されていなければ、また同じ腰部への負担がつくってしまいます。

精神的ストレスによる腰痛

ストレスによって自律神経が乱れ交感神経が優位になり、自然治癒力が低下すると
腰痛を引き起こすことがあります。

ストレスによって・・・
・筋肉が硬くなる
・内臓機能の低下
・免疫力低下→冷え性
・慢性的な身体の機能低下

どのように負担をつくっていくのか?

どのように負担をつくっていくのか?

などなど

例)座位
・猫背
・椅子に浅く座り、背もたれに寄り掛かる座り方
・足を組む
・片側の臀部に重心をかける
・姿勢を良くしようと腰を反りすぎる
・ほおづえをついて座る
・肘おきに肘をついて座る

ぎっくり腰の原因となる場所

腹部・胸部・首や顎周囲・背中・肩甲骨~手・臀部・股関節・大腿部~足・仙腸関節

これに上下左右の体のバランスも入ってくるので、原因を見つける検査をしっかりと行う必要があります。
原因を把握することができれば、腰の痛みはすぐに改善方向に向かいます。

逆に原因がわからないまま、腰だけに電気治療・マッサージ・整体を行うことで
改善が遅くなったり、最悪の場合症状が悪化したりします。

だからぎっくり腰を引き起こしている本当の原因に、アプローチする必要があるのです。

症状

症状

ぎっくり腰も症状がいろいろです。

・ある程度動ける軽めのぎっくり腰
・少しの動きで痛みが強く出るぎっくり腰
・ほとんど動けない重症なぎっくり腰

ある程度動けるぎっくり腰でしたら、早めの改善も望めます。
少しの動作によって激痛がでる方は、動く事が怖くなり痛みが落ち着くまで休もうとします。 

寝て休む・椅子やソファーに座って休む。

姿勢の悪い状態で椅子に座り続けると改善が遅くなります。

また痛みを庇うために、身体をゆがめた姿勢をとった結果、筋肉が緊張して体が歪んでしまう方も多いです。

大きく体が歪んでしまったぎっくり腰のタイプは、まずは早めの骨格矯正で歪みを矯正し筋肉の緊張を緩めることが早期改善につながります。

当院での改善方法

当院での改善方法

問診と検査で原因を探していきます。

問診と動きを見ながら検査して原因を探していきます。
(基本の検査)
座位での 前屈・後屈・ひねる動作
立位での 前屈・後屈・ひねる動作・片方に重心をかけての前屈後屈
骨盤の位置 骨盤の歪みや仙腸関節

主な原因を特定し、その人の状況に合わせて骨格矯正、骨盤矯正、筋肉矯正、体操
などを行っていきます。

始めは3~4回連続での通院をお勧めします。
施術期間に間があくと、ゆがみが戻りやすくなるからです。

その後は、症状の状態をみて間隔をあけながら施術します。

再発防止のために

再発防止を望む方には、痛みがなくなった後も歪みと原因筋を施術し、戻り防止の為セルフケアをお伝えします。

長年かけた歪みを、身体は形状記憶しています。
施術+姿勢+体操をすることで身体の書き換えをおこない自然治癒力の高い体をつくるお手伝いをいたします。

根本改善にかかる期間

3か月~6か月位です。あくまでも目安です。

個人個人、その人の状態でも変わります。
筋肉の生まれ変わりは正常な人で90日かかります。
身体の悪い癖の書き換えには時間がかかります。

例)どちらの人が改善しやすいでしょうか?

1つ歪みがある人 or 10ヶ所歪みがある人 
正解は・・・1つ歪みがある人です

姿勢を積極的に正す人 or 姿勢を正すことができない人  
正解は・・・積極的に姿勢を正す人です
  
歪みが多くても、姿勢に積極的に気づき正すことを意識している方は、こちらが思っている以上に改善スピードが早いです。

ご本人も体の変化に気づき、姿勢の大切さを実感して頂けております。

強い痛みも素早く取り除けます

万が一ぎっくり腰を起こしてしまったという場合にも浦添のあおば鍼灸整骨院にお早めにお越しください。横になって安静にしているだけよりも素早く痛みを取り除いて、今後の予防をすることも出来ます。放っておくと、クセになってしまい何度もつらい思いをするかも知れません。当院にて身体のゆがみを整えておくことでヘルニアや坐骨神経痛などの予防にもなります。

当院へは浦添市以外にも那覇、宜野湾、西原、北谷、与那原、南風原、中城、北中城など近隣方によくご来院いただいております。

あおば鍼灸整骨院の9つの特徴

特徴
動作時痛の確認、日常姿勢が引き起こす身体の歪み、負担になっている筋肉、これらの根本的な原因を見つけ出します。
特徴
どこに原因があるか、歪みがあるか、実際に体感してもらいながら説明していきます。
特徴
あおば鍼灸整骨院は歪んだ骨格の矯正をしっかり行い、筋肉の負担を取り除きながら施術を行って根本原因にアプローチしていきます。
技術向上のため月に1~2回講習会に参加しております。
特徴
患者様の症状に合わせて、早期改善が望める施術プランをたて施術をおこないます。
特徴
施術効果UPと再発予防の為、自宅でできる姿勢・筋トレ・ストレッチ・睡眠等をアドバイスします。
特徴
特徴
ベビーバウンスを用意しております。お子様や女性の方でも安心して施術を受けられるよう優しい施術法を採用。
特徴
初めての方でもわかりやすく利用しやすいバリヤフリーな駐車場を完備しております。院内美化も徹底しております。
特徴
沖縄スタイルなどの地域の健康誌や全国の健康雑誌で取材を受けておりますので安心して施術を受けて頂けます。

患者様の声が信頼の証です!

よくばり産後骨盤矯正(DRT)
3回目の出産で初めて骨盤矯正をしました。
前回2回の産後は自分勝手に骨盤ベルトで閉めていたのですが、ゆがんだまま閉めていたようで腰痛も取れず辛い産後でした。
今回矯正をして頂いて、体重も徐々に減り、痛かった腰や首のコリもなくなりました。
前回の産後と全く違いびっくりしています!

体操も丁寧に教えて頂き、普段の生活の中でも正しい姿勢を意識するようになりました。
自宅でも体操を続け、せっかく治して頂いた体をセルフケアしていきたいと思います。
本当にありがとうございました。
交通事故でDRT
首と膝の痛みがありました。
DRTをやってもらうと、魔法のように痛みが取れたのにびっくり。
1回で治るわけではないですが何回か通ううちに体はとても楽になりました。どうもありがとうございました。
優しく笑顔で治療
マラソンの練習でハムストリングに痛みが出て、自分でストレッチ等を行っていましたがなかなか改善しませんでした。
今回、ジム仲間にすすめられあおばに受診しました。
治療は鍼とマッサージに加え自分で行えるストレッチの指導も行っていただきました。
だいぶ痛みと張り感が取れた様に感じました。
優しく笑顔で治療を行ってくれた先生に感謝しています。
また治療を継続し、マラソンでサブスリーが出せる様がんばりたいです。
DRT 肩・首・腰・膝の痛み
重量物を運び、左肩、右膝を痛め、整形外科でリハビリを2ヶ月治療したものの、痛みが取れず、左腕も挙がらず、足も歩くだけで痛みが出るようになりました。
リハビリの際、理学療法士の方から、整体に行くことで改善するかもしれないとアドバイスを頂き、あおばに来ました。
一回目の治療で、背骨の矯正をして頂くと、肩までしか挙げれなかった腕が、垂直に挙げれるようになり、不思議と膝の痛みも取れていました。
二回目、三回目とどんどん体の調子が良くなっています。
また、治療の際に、体のバランスや使い方、トレーニング方法に至るまでアドバイスを頂き、とっても親切な治療に感謝しました。
これからも、アドバイスをしっかり活用して、よりい強い健康な体を作りたいです。これからもよろしくお願いします。

腰痛豆知識(一般に言われていること)

病院でのレントゲンやMRI等の検査で分かる腰痛

腰痛の原因はたくさんあります。原因の特定ができるのはわずか15%程度といわれています。主に腰椎の圧迫骨折、椎間板ヘルニア、細菌感染、がん、血管などの病気がひきがねとなって腰痛を起こすことも多いです。

では残りの85%はレントゲンなどの検査をしても原因が特定できないといわれております。
特定できない腰痛は、生活習慣(悪い姿勢、くせ)、ストレス、疲労の蓄積等によって腰痛、ぎっくり腰等がおこるといわれております。

一般に原因の特定できない痛みは、痛い場所を施術、安静にして様子を見る。痛み止めなどで様子をみることが大体のセオリーです。

腰痛を大きく分けて『前屈障害型腰痛』と『後屈障害型腰痛』にわけられます。
『前屈障害型腰痛』 大体の方がこちらに当てはまると思います。身体を前に前屈すると腰痛の症状がでます。姿勢や生活習慣などによって起こる腰痛です。

『後屈障害型腰痛』 高齢者によくみられるそうで、変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症は腰を後屈することで痛みが誘発されます。

代表的な腰痛

椎間板ヘルニア

椎間板とは背骨と背骨の間(椎骨の間)のクッションのような役割をするものが突出し、周りの神経を圧迫することで、様々な症状を引き起こす腰痛。

腰部脊柱間狭窄症

腰椎が年齢とともに変化し、腰部の神経が圧迫されておこる。間欠跛行(歩行と休息を繰り返して歩くのが特徴)がおこる。足に痺れが出やすく、前かがみになると痺れが軽減されやすい。

筋・筋膜性腰痛症

腰痛症の中でかなりの割合を占めいている。動作時に症状があらわれ、安静にすると軽減しやすい。背部から仙骨にいたるまでいろんな場所で起こりやすいです。

腰椎分離・すべり症

疲労の蓄積や、過度の運動で腰椎が分離したり、位置がさらにずれを起こし、分離滑り症に進行していく腰痛。
体を後ろに反ると腰痛が出やすいです。

変形性腰椎症

椎間板や腰椎が加齢と共に変化して生じるもので、椎間板が傷つき、厚さも減って、椎間板に接していた椎体が刺激を受けて骨棘が形成されたりします。腰痛や脚の痺れや痛み、また排尿障害などを起こしたりします。

お客様の声

クリックでメッセージを拡大表示いたします。

手書きアンケート

クリックでメッセージを拡大表示いたします。