TEL

マタニティ整体 | 浦添 あおば鍼灸整骨院

マタニティ整体

妊娠中、お腹の中で赤ちゃんが大きくなって骨盤が広がり、加えて不良姿勢で歪みやすくなります。特に妊娠3ヶ月あたりからリラキシンホルモンがたくさん分泌されます。リラキシンによって骨盤が出産にむけて開いていきます。
だいたいこの時期から体のバランスが崩れやすく、様々な痛みに悩まされやすいです。

痛みがひどくなければ、だいたい1~2回の整体で大丈夫です。
妊娠中は歪みやすいので、セルフ体操等もご指導します。

軽めの歪みは、ある程度ご自分で改善していく事をお勧めします。

当院に来院される妊婦さんの主な症状

腰痛・恥骨痛・股関節痛・背中のはり・肩こり・むくみ等が多いです。

マタニティ整体の目的

リラキシンによって開いて歪んだ骨盤を矯正します。
出産にむけて骨盤は開いていきますので、開きはそのままにして
痛みの原因である骨盤の歪みを矯正していきます。

骨盤矯正することでバランスが良くなり、体が動きやすくなります。歪みによってできた筋肉の引っ張り合いも均等になり、体の負担が減ります。
これまで多くの妊婦さんを整体しておりますので、ご安心ください。

妊娠中に骨盤矯正は必要?

必要だと思っております。
ほとんどの方が妊娠前から骨盤に歪みが生じております。
そのうえで妊娠すると、より動きやすい骨盤になる為、余計に歪みがつくられやすく、
ひどくなっていきます。

ちょっと想像してみてください。
元々歪みのある骨盤(元々姿勢が悪いので)が、リラキシンホルモンによってより動きやすい状態となります。
座っている時に足を組んだり、横座りしたり、片足重心で立ったりすることが多いのも一因です。
動きやすい骨盤が、傾いた座り方・立ち方によって簡単に更にゆがんでいくのです。すると筋肉のバランスが崩れます。(片方への引っ張りや緊張が高まりやすいです)
これらによって症状が出やすいのです。

骨盤の歪みを正して、負担を少なくし、正しく筋肉を使えるようにしていくことで、妊娠中の骨盤による症状が改善されていきます。

服装
マタニティ整体を受ける方は、なるべく動きやすい格好で来院お願いします。
脚を動かしたりしますので、ジャージ・ストレッチがよくきくパンツなどがむいております。

マタニティライフを少しでも楽しんでいただくため、痛みや症状で悩まれている方は
是非浦添市にあるあおば鍼灸整骨院にご相談ください。